ラメラ構造とは?ダメージを減らす方法も紹介

コンシダーマル

実はいくら丁寧にケアしていても、お肌の構造を知らずにケアを続けていては、根本的な肌悩みを解決する事が出来ないのです(´・ω・`)

 

「じゃあ、一体何に気を付けてケアすればいいの?」と思う方もいらっしゃると思いますが、私が第一に注目したのは「お肌のラメラ構造」です!

 

聞きなれない言葉ではありますが、「セラミド」などと同じで、お肌を構成する構造の1つであり、ココをきちんとケアする事でお肌の悩みも効率よくケアする事が出来ると言われているんです^^

 

コチラではラメラ構造についての説明と、ダメージを減らす方法についても紹介しているので、コンシダーマルをもっとよく知りたい!という方の参考にして頂ければ嬉しいです♪

 

ラメラ構造について説明!

コンシダーマル

人の肌は「水分と油分」が交互に重なっていて、規則正しく並んだミルフィーユ状になっています。これがお肌にうるおいを閉じ込め、ハリやツヤを保っている「ラメラ構造」というものになりますが、お肌が乾燥していたりハリや弾力が失われていくと、同時にラメラ構造も乱れてしまいます。

 

コンシダーマル

ラメラ構造が乱れている肌は、外部からの刺激や紫外線に弱くなってしまい、同時に肌の内部にうるおいを蓄える力も低下してしまいます。

 

これが肌の乾燥やいくつもの肌悩みに繋がってしまうので、「保湿を心がける」というよりも、「乱れたラメラ構造を正しくケアする」事が大切であると言われています。

 

コンシダーマルは世界初の独自技術でラメラ構造を100%再現する事に成功しているので、乱れたラメラ構造を毎日のスキンケアでしっかりケアする事が出来るのです。

コンシダーマル

 

ラメラ構造をしっかりケアしていく事により、お肌本来のうるおいを保つ機能をサポートし、ラップ効果で水分蒸発を防いで肌のバリア機能もアップ!

コンシダーマル

 

という事で、肌のラメラ構造に着目して作られたコンシダーマルは、お肌の救世主!とも言える化粧品でもありますね(^^)/♪

 

ダメージを減らす方法って何?

紫外線や乾燥などのダメージからお肌を守る為には、「肌本来の機能もアップさせる」という事が秘訣なんです。

 

お肌は保湿されていれば外部からの刺激をシャットアウトしてくれますが、肌が自らうるおう機能がきちんと作用していなければ、化粧品で水分や油分を補ってもあまり意味がありません(´・ω・`)

 

与えた水分や油分はいずれ蒸発してしまうので、定期的に塗りなおさなければお肌を紫外線などからガードする事も難しくなってしまうのです。

 

なので、肌ダメージを減らす一番の方法としては…

肌のラメラ構造を正し、肌本来の機能をアップさせる

という事!

 

コンシダーマルは肌のラメラ構造に着目して作られたオールインワンゲルなので、肌本来のバリア機能もキチンとケアしてくれます。また、1本でケア出来るタイプの化粧品でもあるので、お肌を触り過ぎずに無駄な刺激を与えません。

 

肌のダメージを減らしたい!と考えている方は、美容成分がたっぷり入っている化粧品をラインで使うよりも、肌の構造をきちんと考えて作られた化粧品を選ぶようにする事で、肌本来の機能をしっかりサポートする事が出来ますよ♪

 

⇒コンシダーマルの悪い口コミは大丈夫?【30代OLの辛口レビュー】