コンシダーマルが2017年リニューアル|変更点などまとめたよ

コンシダーマル

実はコンシダーマルは2017年にリニューアルされたばかりのオールインワンゲルなんです^^

 

前回の商品と比べて何が違っているのか、変更点をまとめてみました!

 

何がどう違う?リニューアルされたコンシダーマルのまとめ

配合されている成分の違い

コンシダーマル

2017年にリニューアルされたコンシダーマルには新たに「マリンプラセンタ」や「発酵プラセンタ」などの美容成分を配合しています。

 

また、従来の商品に配合されている「セラミド」や「ヒアルロン酸」などの成分もパワーアップして配合されているので、これまで感じた「保湿力の低さ」がリニューアル品では改善されていると好評です♪

 

また、従来品には「さっぱりタイプ」と「しっとりタイプ」の2種類がありましたが、今回リニューアルされて販売されたのは1本のみ。
さっぱりした使用感は残しつつも、保湿感がアップされているので満足のいく使用感を感じやすくなりましたね(^^)/

 

販売価格の違い

実は販売価格もリニューアル前と違っているんです。

 

リニューアル前の販売価格は【定価5,670円の初回半額2,835円】だったのに対し、リニューアル後のコンシダーマルは【定価4,536円の54%OFF2,268円】で販売されています。

 

一見値下げされているように見えますが、実はリニューアル品は内容量が従来商品と比べて減らされており、以前の商品は80ml(約1.5か月分)だったのに対し、今回リニューアルされたコンシダーマルは50ml(約1か月分)の違いになっています。

 

という事は、従来商品であれば初回1か月分が1,770円で試せた計算になり、リニューアル品では初回お試し価格が2,268円になるので、従来品と比べると値上がりしてしまったみたいですね(´・ω・`)

 

ただ、新たに配合されている美容成分やリニューアルされた使用感などを含めると、若干の値上がりは仕方がないかな〜という感じでもあります。

 

使用感が改善されて、コンシダーマル1本でもちゃんと保湿ケア出来るようになったので、通常の化粧品をフルセットラインで購入するよりは断然安いかな、とも思います。

 

社名が変わった

コンシダーマルを作っているのは「株式会社オフィスオーガスタ」という会社でしたが、リニューアル後は「株式会社オクタ―ヴ22」に変更されています。

 

細かい変更点ではありますが、化粧品業界では商品をリニューアルした時に同時で社名を変更する事はよくある事らしいので、「あ、社名も変えたんだ〜」位の認識でも大丈夫かと思います。

 

「皮膚臨床薬理研究所との共同開発」になった

コンシダーマルは「皮膚臨床薬理研究所」との共同開発によりリニューアルされました。

 

これがリニューアル後に新たに付け加えられたポイントでもあり、お肌の事をより深く研究して作られたのがリニューアルされたコンシダーマルという事になりますね^^♪

 

⇒コンシダーマルの悪い口コミは大丈夫?【30代OLの辛口レビュー】